医療系統合教育科目

医療系統合教育科目とは

 医療系統合教育科目とは、講義・実習により修得した知識を相互に関連付け、人体に起こる正常及び病的事象を一体化させた理解を目指すものであり、医学、歯学、薬学、保健学の4分野が優れた医療人の育成のため、分野の枠を超えてそれぞれの多彩な教員のマンパワーを結集し行う教育です。

医療系統合科目

漢方医薬学インフォームド・コンセント薬害チーム医療演習臨床倫理地域包括ケアシステム

 

>>過去の一覧はこちら

令和3年度

科目名 日程 授業内容 受講者数
漢方医薬学 5月11日~6月1日(4日間)

<代表>宮田 潤子
・漢方医薬学総論
・薬学から見た漢方の問題点及び有用性
・六病位とその代表的な方剤について
・血と水の異常について
・気の異常について
・漢方製剤の種類と適正使用
・漢方医学的診断・診療の実際について
・現代医療の中で漢方の果たす役割

詳細はこちら

医 123名
生 2名
保 11名
歯 49名
臨薬 32名
薬学府 4名
その他 3名
(合計 224名)

インフォームド・
コンセント
6月15日~7月13日(5日間)

<代表>菊川 誠
・何故インフォームド・コンセントか?
・それぞれの立場(司法、患者、薬剤師、診療放射線技師)からのインフォームド・コンセントの重要性
・各現場(歯科診療、看護)からのインフォームド・コンセントの重要性
・新型コロナウイルス感染拡大でのインフォームド・コンセント
・学生同士、また模擬患者とのロールプレイ
・グループディスカッション・発表、まとめ

詳細はこちら

医 47名
保 39名
歯 49名
薬 30名
薬学府 4名
(合計 169名)

薬害 10月5日~10月19日(3日間)

<代表>笹栗 俊之
●講師によるオムニバス講義と討論
・第1日:オリエンテーション、薬害事例(講師3名)、討論
・第2日:薬害事例(講師2名)、討論
・第3日:薬害事例(講師2名)、討論、まとめ

詳細はこちら

医 123名
生 1名
歯 49名
薬 82名
保 2名
(合計 257名)

チーム医療演習 10月26日~11月16日(4日間)

<代表>島添 隆雄
●講師によるオムニバス講義と討論
医師、薬剤師、看護師間の連携を主題とし、それぞれの職種を目指す学生が、将来、より効果的な副作用モニタリングを実施するようになるために、互いの役割と特性を理解し合い、活かし合うことを目的とする教育・学習プログラムを計画し、実施。

詳細はこちら

医 46名
薬 30名
薬学府 4名
(合計 80名)

臨床倫理 12月7日~12月21日(3日間)

<代表>新納 宏昭
「4分割表を用いた臨床における倫理的課題の検討」
・グループ発表・全体討議・Web学習システムを用いた課題の提出、講師とのやり取り。
「臨床倫理におけるコミュニケーション」
・非常勤講師によるロールプレイ主体の授業および全体討議。

詳細はこちら

医 39名
歯 49名
薬 4名
薬学府 30名
保 1名
(合計 123名)

地域包括ケアシステム 1月4日~1月25日(4日間)

<代表>馬場園 明
「わが国の高齢者ケアと地域包括ケアシステム」(馬場園)
「米国のCCRCと地域包括ケアシステム」(馬場園)
「高齢者の疾患と診療・健康寿命の延伸と健康対策」(鴨打)
「地域包括ケア」(馬場園)
「介護保険Ⅰ」(馬場園)
「高齢者の疾患と診療・健康寿命の延伸と健康対策」(鴨打)
「介護保険Ⅱ」(馬場園)

詳細はこちら

医 112名
歯 49名
(合計 161名)

>>過去の一覧はこちら